2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お気に入り

« 予約制作を承ります | トップページ | 平成の円空彫りについて »

2013年3月11日 (月)

着色について

着色について

    ・・・・・・・作品は原則 着色しています。標準は褐色です。

<褐色(標準) 作品例>

<濃い褐色 作例>

<淡い褐色 作品例>
1273356471_2  1273356815 1273357045
水彩絵の具(セピア)を水で溶き、
作品に下塗り後、
着色剤で定着させます。
水彩絵の具(セピア)を水で溶き、
墨汁を少量加えて作品に下塗り後、
着色剤で定着させます。

薄めの着色剤で
定着させます。

<作品の着色作業について>
作品はガスバーナーで軽く表面を焼きワイヤーブラシでブラッシングして、木屑や割った面の羽毛のような繊維などを取り除きます。そして水彩絵の具で着色した後、油性の着色剤で定着させます。着色剤は英国ワトコ社のファニチャー オイル フィニッシュ(ミディアム ウオールナット)を使用しています。


<水彩絵の具について>
ターナー色彩株式会社製「ポスターカラー(セピア)を使用しています。
ほかの不透明水彩絵具とのちがいは、まず、ここにあります。広い面でも筆ムラがなく塗れ、ベルベットのようなツヤ消し(マット)に仕上がります。そのうえ粒子が細かいのでのびがよく、筆の運びもなめらかです。発色のよしあしを決定づけるのは、顔料です。ターナーは選りすぐりの顔料を使い、あざやかな発色を実現しました。ニゴリのない高純度な色は、描く者も見る者も、魅了します。乾燥した濃い色の上にホワイトや淡色を重ね塗りしても、下の色はにじみません。覆い隠す力にすぐれた顔料がもたらす信頼のノンブリード性で、エッジの効いた美しい表現ができます。



<着色剤について>
英国ワトコ社のオイルフィニッシュ(ミディアム・ウオールナット)を使用しています。
特徴として・濡れた深みのあるウェットタッチな仕上がりになります。・木材内部に浸透後、酸化重合により液状から弾性と剛性を兼ね備えます。・調湿効果がありますので木の呼吸を防げず、割れや狂いの抑止硬化があります。・濡れた深みのあるウェットタッチな仕上がりになります。・木材内部に浸透後、酸化重合により液状から弾性と剛性を兼ね備えます。・調湿効果がありますので木の呼吸を防げず、割れや狂いの抑止硬化があります。この着色剤は家具などにも使われていますのでご安心下さい。

« 予約制作を承ります | トップページ | 平成の円空彫りについて »

予約制作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。